教育及び保育の方針

当園では、仏教(浄土真宗)の教えにもとづき、

  • 「仏様や親に感謝するこころ」
  • 「相手を思いやるこころ」
  • 「命を大切にするこころ」

を育てることに力を入れています。

ページの先頭へ

教育及び保育の目標

子どもは園生活の中で、生涯にわたる「生きる力」の基礎となる心情・意欲・態度を身につけていくことが望まれます。

当園では、少人数で目の行き届いた保育環境の中で、国が策定した「認定こども園 教育・保育要領」に基づき、以下のようなねらいをもって、0歳から小学校就学までの一貫した教育及び保育を行います。

乳児部(0~2歳児)について

お子さんごとに個別に指導計画を作成し、一人ひとりの成長や発達、日々の体調に合わせ保育を行います。
  • 家庭的な雰囲気の中で、子どもの思いや欲求を受入れ、自己肯定感を育む。
  • 食事・排せつを通して、1日の生活リズムを整え、基本的生活習慣を身につける。
  • 遊びを通して身近な環境に関わる中で、好奇心や探究心を育み、自ら考えようとする気持ちが育つようにする。

幼稚園部(3~5歳児)について

学年ごとにカリキュラムを編成し、指導計画に基づいた日々の活動や遊び、行事への取り組みを通して、心身の健やかな発達を図り、集団生活を通じて、協同の精神や規範意識の芽生えを養います。
  • やるときにはしっかりやる、遊ぶときにはしっかり遊ぶ、けじめを大切にする。
  • 落ち着いて人の話を聞く。
  • 自分でできることは自分でする。
  • 想像する力、工夫する力を育む。

ページの先頭へ

せいふう認定こども園ってどんなところ?

1. 子どもの最善の利益を優先して、お子さんを保護者の皆様と共に
   健やかに育てていきます

乳幼児期は、人格形成の基礎となる大切な時期であり、お子さんの育ちについて最も重要な責任を負う立場にある保護者の皆様が、しっかりとお子さんに関わっていくことがとても大切です。専業主婦(夫)家庭でも共働き家庭でも、子どもが健やかに成長していくためには、保護者の皆様と園が手を携えながら、一緒に成長を喜んでいくことが肝要です。当園は、各種の行事や参観、お弁当作りなどを通して、保護者の方がお子さんの成長を見て、感じて、関わることができるのが大きな特色です。就労家庭であっても勤務終了後は早めのお迎えを心がける、土曜日に勤務がない場合はしっかりと休んで親子で過ごす時間を大切にする、といった毎日を積み重ねる ことで、お子さんの情緒が安定し、健やかな心身の発達につながります。


2.0歳から就学前まで一貫した教育 ・ 保育を行います

0~2歳の乳児部では、家庭的で穏やかな環境で過ごします。3歳になると幼稚園部年少組へ進級し、遊びと学びのバランスのとれた幼稚園教育を受けることができます。0歳から就学前まで一貫した教育 ・ 保育方針のもとで、「こころ」を育くみ、生涯にわたる「生きる力」の基礎を身につけることを目指します。


3. 小規模園ならではのアットホームな雰囲気のなか、異年齢の子ども達が
   共に育ちます

当園の特色である「全教職員で全園児を見る」というアットホームな雰囲気の中、幅広い年齢の子どもたちが関わり合う機会を持つことで、お互いの成長を促し、相手を思いやる気持ちが育ちます。


4. 保護者の就業状況に柔軟に対応でき、安定した教育・保育を
   受けることができます

幼稚園部では、通常保育終了後や長期休暇中に預かり保育を実施しており、1号認定・2号認定の子どもたちが一緒に過ごします。女性の働き方が多様化するなか、教育面で充実した幼稚園にお子さんを通わせたい就労家庭の希望に沿うことが可能です(ただし2号認定の定員には限りがありますので、入園を申し込む前にご確認下さい)。また、仕事をしている方が退職されても、お子さんはそのまま在園することができます。


5. 未就園児さん(在園児さんの弟妹を含む)も、一時預かり保育や交流の場を
   利用できます

短期間の仕事やちょっとした用事の際にも利用できる一時預かり保育(事前登録制・人数の制限あり)や、園庭開放、子育て相談、親子ヨガ教室など、子育て支援事業を行っています。

ページの先頭へ